よくある質問(FAQ)

トピックをお選びください

一般的なご質問

マルチカレンシーキャッシュパスポートに関するご質問

  • マルチカレンシーキャッシュパスポートとは、どのようなものですか?

    マルチカレンシーキャッシュパスポートは、海外でご利用いただけるトラベルプリペイドカードです。 世界210以上の国や地域のMastercard対応ATMや加盟店でご利用いただけます(2019年2月現在)。ATMで現地通貨を引出してお食事やショッピングをお楽しみください。Mastercard加盟店では、キャッシュレスでスマートにお支払いいただけます。


    ※現在、マルチカレンシーキャッシュパスポートは海外のMastercard対応ATMや加盟店でご利用いただけます。国内での利用が可能になりましたらcashpassport.jpでお知らせします。

  • カード申込み後、カードはどのくらいで届きますか?

    ご提出いただいた本人確認書類およびマイナンバーの確認完了後、7営業日以内にカードを書留郵便でお届けします。


    ※確認の結果お申込みをお断りする場合があります。

  • どの通貨にチャージすればよいのですか?

    基本的には日本円のみでよいですが、複数の通貨を1枚のカードにチャージすることができますので、各通貨国に行かれるのであれば、それぞれの国の通貨にチャージいただけます。米ドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル以外の通貨国に行かれる場合は日本円にチャージしてご利用ください。「マイアカウント」内で、いつでも通貨を移動できます。

  • カードへのチャージ時の為替レートはどのようなレートが適用されますか?

    Mastercardが定めた入金確認日の為替レートが適用されます。為替レートはホームページの「本日の為替レート」にてご確認いただけます。

  • このカードが使えない国はありますか?

    現在、カードは日本国内ではご利用いただけません。
    また、制裁措置の対象国となっている国(イラン、北朝鮮、スーダン、シリア、クリミア)ではご利用いただけません。これらの対象国の加盟店でATMから現金を引き出したり、カードを使用しようとすると取引は拒否されます。

  • なぜ個人番号(マイナンバー)を提出しなければいけないのですか?

    マイナンバー制度開始に伴い、2016年1月1日以降、マルチカレンシーキャッシュパスポートなどの資金移動業に関わる商品をお申し込みいただく際には、「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律(以下、「国外送金等調書法」)」に基づき、お客様の個人番号(マイナンバー)の確認が必要となりました。

  • マルチカレンシーキャッシュパスポートの解約はどうすればいいですか?

    カードサービスまでご連絡ください。

カードの管理

マルチカレンシーキャッシュパスポートカードの管理に関するご質問

カード利用

マルチカレンシーキャッシュパスポートの利用に関するご質問

  • 出発後、カードが使えなくなりました。

    以下をご確認ください。
    ①残高は十分にありますか?
    マルチカレンシーキャッシュパスポートはプリペイドカードのため、残高以上はご利用いただけません。チャージいただくことによって残高を増やすことができます。

    ②暗証番号をお間違えではないですか?
    暗証番号をお忘れの場合は、マイアカウントの「各種設定」の「カード管理」、またはカードサービスの自動音声案内にてご確認ください。
    また、3回以上暗証番号を間違えると、ロックがかかりご利用できなくなります。その場合もカードサービスにご連絡ください。

    ③ステイタスが「POTENTIAL FRAUD(不正利用の可能性あり)」、「FRAUD(不正利用)」、または「SUSPEND(一時利用停止)」となっていませんか? マイアカウントでステイタスをご確認ください。
    当社では犯罪防止の観点より、ある一定のルールに基づき、お客様のカード利用のモニタリングをしております。高額のご利用や返金のお手続きがあったり、悪用等の恐れのある取引傾向の場合には、一時的にカード利用をストップとさせていただくことがあります。この場合はカードサービスにご連絡ください。ご本人様の利用の確認が取れればすぐにカードの停止を解除いたします。

  • 海外では、現地通貨ではなく日本円で支払う方がよいのでしょうか?

    カードをご利用になるとき、海外のお店やATMによっては、「現地通貨」もしくは「日本円」のどちらの通貨で決済をするか聞かれることがあります。これはDynamic Currency Conversion(DCC)というサービスです。DCCは現地通貨ではなく、自国通貨(日本円)での決済を可能にできます。
    アメリカに旅行中のお客様が、カードに米ドルの残高を保有している場合は、カードの引落しは自動的に米ドルで決済されます。あえてDCCサービスを利用して日本円で決済を選択すると、当初入金時と今回支払い時に為替が2重に発生することになります。もしDCCサービスが提供された場合は、現地通貨での決済を選択してください。

  • 6桁のPIN(暗証番号)を入力する必要がある場合、どうすればよいですか?

    通常4桁のPINを入力していただくことになっておりますが、国により(ヨーロッパやアジアなど)6桁のPINを求められる場合がございます。その場合は、「00」を4桁の暗証番号の後に追加してください。
     例) 123400

  • 現地通貨以外の通貨で決済する場合はどうなりますか?

    カードに現地通貨の残高がない場合は、お客様のカード資金は通貨の優先順位に従って引き落されます。以下の順で固定されており、順位の変更はできません。

    日本円→米ドル→ユーロ→英ポンド→豪ドル→NZドル→カナダドル→シンガポールドル→香港ドル

    取引を完了するのに必要な残高がすべての通貨で不足している場合、取引は拒否されます。

  • オンラインショッピングでの買い物をキャンセルしたのに、返金がありません。

    キャンセルされたお取引がカード残高に反映されるまでには1ヶ月以上かかる場合があります。キャンセル後、8日経過しても返金がなされない際には、カードサービスまでお問い合わせください。取消された取引は、確定後はマイアカウントで表示されなくなります。

  • カードに米ドルでチャージしています。アメリカ以外の国(例:カナダ)では使えないのですか?

    カナダでもご利用いただけます。現地通貨を保有していない場合でも、その他にチャージいただいている通貨から現地通貨に変換されます。


    ※その場合は、米ドル以外の通貨から変換されるため為替手数料がかかります。

  • 身に覚えのない取引がされていました。どうしたらよいですか?

    直ちに「マイアカウント」でカードを一時停止していただき、カード会員ご自身より、すぐにカードサービスにご連絡ください。カードサービスで24時間、お客様をサポートいたします。

  • 紛失・盗難に遭った場合、どうすればよいのですか?

    直ちにマイアカウントで一時停止をするか、カード会員ご自身より、すみやかにカードサービスにご連絡ください。カードサービスで24時間お客様をサポートいたします。また、スペアカードがあれば、オリジナルカードの利用停止後、すぐに利用再開できます。スペアカードは有効化手続きが必要です。

トップに戻る